バイク買い取り

バイク買い取りはインターネットから申し込むのがお手軽です。無料査定見積もりもネット経由でお申込みいただけます。

バイク買い取り相場が高いと評判の業者

バイク王
タレントを使ったCMでおなじみのバイク王
バイク王のHP
  • 日本全国どこでも指定日の無料出張買取が可能
    (※但し、一部離島を除く)
  • 国内オートバイ製造メーカーだけでなく海外製造メーカーのバイクもOK
  • バイク相場価格のインターネット問い合わせ申込みを終日受付中
バイクランド
バイク買い取り大手企業!GEOグループなので安心!
バイクランドのHP
  • 売りたいバイクの買い取り相場価格を無料でチェック可能
  • 無料出張査定を利用すれば個々のバイクの状態を考慮した査定額が分かる
  • 動かない事故車やエンジントラブルがある不動車でも買い取りOK
  • 分割払いのローン支払い中でも買い取りできる
  • 面倒な名義変更などの手続きは一切自分でやる必要なし
  • 買い取り強化キャンペーン中のバイクは+3万円を査定額に上乗せ
バイクブロス
無料でまとめて大手買い取り会社に一括査定
バイクブロスのHP
  • 1度の査定申し込みで複数会社からバイク買い取り査定を入手できる
  • 売買交渉が成り立たなかった場合でも、手数料などの費用は一切不要
  • 交渉成立時は、売買契約書と買い取り証明書が発行されるので安心
バイク買い取りのご紹介

バイクの買い取りを高値ですると評判の二輪買取専門業者をご案内しています。

乗ることがなくなった自動二輪バイクを売りたい方のために高価で買い取りを実施しています。

WEBサイトが閲覧できるパソコンあるいはスマートフォンを使って大手バイク買い取り専門業者のWEBサイトにアクセスすれば、無料で簡単にあなたの愛車の買い取り相場をオンライン査定で知ることが出来ます。

当サイトで紹介している全国展開している大手買い取り業者なら地方にお住まいの方でも首都圏並みの高値買い取りをしてもらうことが出来ますよ。

愛車を高く売るための豆知識

スーパースポーツ

今まで愛着を持って乗ってきた愛車。手放す時には出来るだけ高く売りたいと誰しも思いますよね。

そこで、ここでは自分の愛車を少しでも高く売るためのポイントを紹介します。

まず、高値で買い取ってもらうには、車体のコンディションが良好であることが必要です。

ボディに目立った傷や凹みが無いことはもちろんの事、エンジンや電気系統が正常動作していることも高額買い取りの要件となります。

バイクを購入したほとんどの方は、使っている間は将来の売る時の事を深く考えないことが多いです。なので、将来高く売るという事を考えていないため、メンテナンスを一切やらないという方もいます。

バイクにとって最も過酷な条件は野ざらしになっている事です。 屋根付きの建物で直射日光や雨風に当たらないのがベストなのですが、野ざらし状態だとバイクの状態は急速に悪くなっていきます。 野ざらしだと雨の水滴によりさまざまな部分にさびが目立ってきます。

また、さびが原因で電気系統に断線や接触不良が起こり、トラブルを発生させます。 さらに、太陽の強い紫外線を直接受けることにより、バイク表面の塗装が日焼けしてしまい、色がくすんできます。

普段、野ざらし状態だとバイクは様々な部分にダメージを受けることになります。 そうなると、そのようなバイクを買い取り業者に売った場合、バイク業者は買い取ったバイクの修理に時間とお金が多く掛かってしまいます。

修理に時間とお金が掛かってしまうようなバイクは、買い取り業者も手間が掛かるため高値で買い取ることが出来ないという事になります。 自分の愛車を高く売るためのポイントは、直射日光や雨風に当たらない環境でバイクを管理するという事です。

ベストなのは壁のある屋根付きの車庫で管理をすることです。 もし、それができなくて野ざらし状態となっている方は、オートバイカバーを購入しましょう。 普段、乗らない時にオートバイカバーを掛けておけば、車体の劣化はかなり防ぐことが出来ます。

ただし、ここで注意すべき点があります。それはバイク置き場の地面がアスファルトやコンクリートとなっていない場合です。 この場合、オートバイカバーをするとかえってバイクの状態が悪化してしまう事があります。

地面が土だと日中の日差しを浴びて地面内の水分が水蒸気となります。 その水蒸気が、オートバイカバー内のバイクに接すると水に戻ってしまいます。

要はバイクが長時間濡れた状態になってしまうという事です。その結果、バイクの様々な部分に錆びが発生をしてしまします。 なので、オートバイカバーを使う場合は、バイク置き場の地面から水蒸気が昇らないことが条件となります。

バイクはコンディションが良い状態であれば、買い取りをしてもらう時に中古二輪相場価格以上の値段でバイクを買い取ってもらうことが可能です。

若者のバイク事情

昔は、男なら高校生ぐらいになると単車やクルマに乗ることに憧れたものです。 でも、今は草食男子という言葉がある様に、男らしい乗り物には興味がない男児が多いです。 40歳代のオッサンが子供の頃は、仮面ライダーが放映されていた影響があるのかもしれません。 子ども心にカッコいいバイクに乗ってるなぁと思ってテレビにくぎ付けになっていましたから。 相当大昔の昭和30年代には、今や化石と言っていい様なものとしてカミナリ族というのが生息していたらしいです。 なぜか、地面と水平になってアクロバティックな乗り方をしていました。 おそらく、目立つためや運転テクニックの技量の高さをアピールするためにやっていたのだと思います。 今やったら、単なる変人だと思うけど、当時はクールと思われていたようです。

▲ このページの上部へ